翼をください

♪今 わたしの 願い事が 叶うならば 翼がほしい……
と言えば、あの有名な「翼をください」の冒頭です。
良い歌です。

しかし、良く考えてみると変な歌です。
「自由」を歌っているにしても、
――富や名誉こそが自由だ!
なんて言われてしまうと元も子もなくなってしまいます。

まあ、そんな事はさておき、歌詞を語義のままにとってみましょう。
とんでもないことになります。

この背中に鳥のように白い翼を付けてもらっても……

1. 背中に翼が付いていても服を着ていてははばたけない。
困りましたね。特注の服でも作るんでしょうか。
そうだと仮定して、次へ行きます。

2. 人間が飛べる位の翼は、相当大きくて重いと思う。
「自由な空へ翼はためかせ」行けるわけがありません。危険です。
そもそも、

3. どこの筋肉を使うのかわからない。
背筋と根性で頑張るんでしょうか。

4. 服に羽毛が大量に付く。
下手に洗濯機にぶち込もうものなら洗濯槽が詰まります。
かと言って、洗わなければ不衛生です。
不衛生と言えば、

5. 羽根を洗うことが出来ないので、一人で風呂にすら入れない。
ますます困ってきました。
無理して風呂になんか入ろうものなら、

6. 濡れた翼は重い。
巨大な翼が濡れることを考えてください。
自重より重くなるんじゃないですか。
乾かすのが大変そう……

ちょっと街へ出て、色々な仕事の人が自分の翼に困っている様子を見てみましょう。

ガソリンスタンド店員
羽根の摩擦で気化したガソリンに火がつかないかいつも心配。
クリーニング店店員
抜け落ちた羽根が客の服についたら手間が増える。
料理人
抜け落ちた羽根が料理に入ったら、洗濯屋より大変なことになる。
学生
テストの時、前に座っている人の翼が邪魔。
きりが無いので、やめます。

要するに、翼があっても碌なことは無い、ってことですね。

皆さんは、歌の歌詞をそのまんま取るのはやめましょう。

執筆: 2004年10月20日
「エセー」トップに戻る
鵺帝国トップに戻る