タラバヤドカリ

タラバガニと言えば、北海道名産の「カニ」である。
冬の味覚の代表格である。

そんなタラバガニであるが、実はカニではない。
生物学的には、ヤドカリの仲間なのである。

十脚目

上の図の通り、タラバガニはヤドカリ下目に属する動物である。
よって、これはカニではなくヤドカリの一種なのである。
(「エビ」は十脚目のうちカニとザリガニを除いたものの総称である。丁度チョウ目で言う「蛾」に相当する。)

実際、カニは通常ハサミの他に4対の脚を持っているが、
タラバガニは(見かけ上)3対しか無いことからもカニではないことが見て取れる。


因みに、ロブスター(オマールエビ)はザリガニ下目に属するザリガニの仲間である。
形は似ているが、イセエビ下目に属するイセエビとは近縁ではない。
(但し、俗にイセエビ等を含めて「ロブスター」と呼ぶことはある)


執筆: 2011年12月4日

雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る