ドケチの改暦

時は1872(明治5)年12月、明治政府はそれまでの旧暦(天保暦)に代えて、今日のグレゴリオ暦を導入した。
今回は、その改暦のとき話。

明治5年11月9日、明治政府は突然

「来月から太陰暦を廃して太陽暦を導入する」
という内容の「改暦ノ布告」(明治5年太政官布告第337号)を制定した。
制定から施行までたったの1ヶ月。
何故、明治政府はこんな急な改暦を行ったのだろうか?

改暦前後のグレゴリオ暦と天保暦を並べると、次のようになる。
明治の改暦前後のグレゴリオ暦と天保暦の比較1

更に改暦の箇所に線を引いてみると、次のようになる。
明治の改暦前後のグレゴリオ暦と天保暦の比較2

このタイミングで改暦すると、

となる。
これにより、明治政府が役人に払う月給が削減できたのである。

日本にグレゴリオ暦が齎された背景には、何ともケチ臭い話があったという訳である。

執筆: 2013年1月1日
雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る