三つの「圓」

一部環境では簡体字やハングルが正常に表示されない場合がございます。ご了承ください。

御存知の方も多いと思うが、「圓」は「円」の旧字体である。
読みは勿論「エン」。日本の通貨単位 (yen) を表す文字である。
(「まるい」という意味は関係無いのでここでは触れない)­

この「圓」は中国語ではどのように読まれているかというと、「ユエン (yuán)」である。
(上で「ユ」と書いた音は円唇前舌狭母音であり、大雑把に言うとユとイの中間音である)­
これは中国の通貨単位、「人民元」の「元 (yuán)」と同音である。
というのも、人民元の「元」は本来「圓」であったものを書き換えたものだからである。
正式には現在でも「圓」(簡体字では「」)と書く。
因みに、中国では日本円を「日元」、米ドルを「美元」と呼ぶ。(美は亜美利加の美)

では、朝鮮半島ではどうだろうか。
読みは「ウォン (won)」。ハングルでは「원」と書く。
「日本円」「人民元」とくれば予想が付くだろう。
通貨単位「ウォン」である。

「エン」「イエン」「ウォン」……
東洋の通貨統一があったら、単位は間違いなく「圓」であろう。
(そのようなものができるとは到底思えないが)


執筆: 2005年2月11日, 最終更新: 2011年11月11日

雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る