年齢とは

「誕生日」というのは勿論、その人が産まれた月日を指すものである。

では、年齢はいつ増えるのだろうか(日本国の法律上)。
普通に考えれば、誕生日である。
しかし、法律は違う。誕生日の前日なのである。

では、2004年7月24日生まれの人は2005年7月23日になったら1歳なのか?
いや、そういう訳ではない。
2005年7月23日24時00分00秒になったら、1歳になるのである。
ますます分からない。
2005年7月23日24時00分00秒と2005年7月24日00時00分00秒はどう違うのか。
数学的には一緒じゃないのか(「1 = 0.99999……」参照)。
しかし、法律は違う。

何でこんなややこしいことになってるのか、と言うと、
「年齢計算ニ関スル法律」「民法第138〜143条」に根拠がある。
内容は解り難いが、簡単に言うと「年齢の期間は前日の終了まで」ということである。

4月1日生まれの人が早生まれなのは、満6歳になった日(3/31)の翌日以降の最初の年度(同年4/1〜)に就学してしまうからである。
4月2日生まれの人の場合、満6歳になった日(4/1)の翌日以降の最初の年度(翌年4/1〜)まで就学できない。

ややこしい。

因みに鵺の誕生日は1989年7月6日。
つまり、2009年7月5日24時00分00秒に20歳を迎えたのである。


執筆: 2005年1月15日, 最終更新: 2009年9月23日

雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る