仰げば尊し

これは雑学という訳ではないが、意味が解り難いと言われる「仰げば尊し」の歌詞を、確認の意味を込めて解釈する。
(かく言う筆者自身も誤解していた箇所がある)

「仰げば尊し」と言えば卒業式で定番の唱歌である。
この歌詞は文語体であり、些か解り難い。
ちょっと見てみる。

「仰げば尊し」作詞者不明 (著作権は大丈夫でしょう)
 一、仰げば尊し我が師の恩
   教えの庭にもはや幾年
   思えばいと疾しこの年月
   今こそ別れめいざさらば
 二、互いに睦みし日頃の恩
   別るる後にもやよ忘るな
   身を立て名を上げやよ励めよ
   今こそ別れめいざさらば
 三、朝夕慣れにし学びの窓
   蛍の灯火積む白雪
   忘るる間ぞ無き行く年月
   今こそ別れめいざさらば

ここで、間違え易い(?)と思われる箇所を復習しておこう。

はや幾年(いくとせ) ×行くとせ
 「何年も経ってしまった」のであって「早く行け」ではない。
いと疾し ×愛し(いとし) ×いと年
 光陰矢の如し。年月の過ぎるのは早い。
別れめ ×別れ目
 「め」は助動詞「む(口語の「う/よう」)」の已然形。「こそ」に呼応。「別れましょう」の意。
間ぞ無き
誤解というより解り難い。「間は無し」である。

歌詞が解り難いのは、古典文法に起因するものが多いように思われる。
・「今こそ別れめ」「忘るる間ぞ無き」: 係り結び(助動詞に呼応して文尾が活用)
・「仰げば」「思えば」: 「〜すれば」ではなく「〜すると」(已然形 + ば) である。


これを踏まえた上で現代語で解釈してみると、次のようになる。(直訳ではない)
 一、尊敬して振り返ってみると尊いものであった先生の恩
   学校に通うようになってもう何年も経つ
   思い返してみるととても早かったこの年月
   今、別れましょう では、さようなら
 二、互いに親しみ合った日頃の恩
   別れた後にも忘れないで欲しい
   世間から認められ、名声を得て、励みなさい
   今、別れましょう では、さようなら
 三、朝から晩までいつも慣れ親しんだ学舎の窓
   苦労して勉学に励んだ(蛍雪の功)
   忘れる間も無い過ぎる年月
   今、別れましょう では、さようなら

歌詞を考えれば、より深く意味を感じることができる。


執筆: 2005年4月6日, 最終更新: 2008年7月31日

雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る