山手線と埼京線

山手線とは、東京都内を環状運転する路線である。
大阪で言えば大阪環状線である。

では、山手線の起終点はどこだろうか。
結論から言う。基点は品川、終点は田端である。
他の部分は山手線ではない。
どういうことかと言うと、東京〜品川は東北本線、東京〜田端は東海道本線に属しているのである。

ちなみに、山手線の行先表示は、
アナログ式では常に「山手線」、電光掲示板では「○○・○○方面」となっている。


続いて、埼京線の話である。

埼京線は、大宮から赤羽を通って、池袋へ出る路線で、更に南下して大崎から私鉄へ乗り入れる路線である。
大宮〜川越の「川越線」をも含めて言うこともある。

だが、埼京線と言う路線名は、正式名称ではない。

大宮〜赤羽は東北本線別線、赤羽〜池袋は赤羽線、池袋〜大崎は山手線である。
赤羽線なんて、「埼京線」開業後の現在では殆ど知る人のいない路線名であるが。


京浜東北線(京浜東北・根岸線)も同様に、正式名称ではない。
大宮〜東京は東北本線、東京〜横浜は東海道本線、横浜〜大船は根岸線に属している。





註: そういえば忘れていたのだが、車庫入り前の一周は「大崎」行などと行先向表示がある。
この点は喜屋武さんから御指摘をいただいた。感謝。

執筆: 2005年1月15日, 最終更新: 2008年3月8日

雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る