今なお残るガリア

一部環境では字上符つきギリシア文字が正常に表示されないことがあります。ご了承ください。

ガリアと言えば、西ヨーロッパの地域で、古代ローマの言葉である。
ユリウス・カエサルの「ガリア戦記」で有名である。

しかし、現在でも「ガリア」と呼ばれている国がある。
ギリシア語で"Γαλλία"である。

それはフランス。
「フランス」自体もフランク王国に由来する由緒ある名前であるが、「ガリア」というのもまた歴史のある名前である。


執筆: 2005年5月8日, 最終更新: 2008年7月31日

雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る