イルカとクジラ

イルカやクジラといえば、水中に棲む哺乳類である。
いずれもクジラ目に属する。
では、何が違うのだろうか。

実は、大きさの違いだけなのである。
成体の大きさが4m未満のものがイルカ、4m以上のものがクジラである。

だが、あくまで一般的な大きさで種ごとに分類されているので、
ゴンドウイルカが大きくなってもクジラになるわけではなく、
マッコウクジラが大きくならなくてもイルカになるわけではない。

尤もマッコウクジラは生まれた時から体長5m程あるので、普通はイルカたり得ない。


最終更新: 2005年8月14日

雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る