アルカリイオン水のアルカリイオン

注: 2006年現在、「アルカリイオン水」の明確な定義はありません。

健康ブームで注目される「アルカリイオン水」
この「アルカリイオン」とは何なのだろうか。

「アルカリ」と聞くと多くの人は「アルカリ性(塩基性)」を連想するだろう。
アルカリ性を決定付けるのは、溶液中の水素イオン(H+)・水酸化物イオン(OH-)の濃度である。
(pHが7より大きい(H+が少ない)ものをアルカリ性と呼ぶ)
だが、このH+やOH-をアルカリイオンと呼ぶことはまずない。
(勿論、酸イオンとも呼ばない)

すると、考えられるのは「アルカリ金属」「アルカリ土類金属」のイオンである。
実際「アルカリイオン水」というのは、これらのイオンの多い水のことなのだ。

 アルカリ金属のイオン: Li+, Na+, K+, Rb+, Cs+, Fr+
 アルカリ土類金属のイオン: Ca2+, Sr2+, Ba2+, Ra2+
 詳細は元素周期表を参照

「アルカリイオン水」と「アルカリ性」には関係がない。

だが、普通の食塩水(NaClaq)にだってナトリウムイオン(Na+)は含まれている。
アルカリイオン水を購入する際には、こうしたこともちょっと考えてみてはどうだろうか。


執筆: 2006年11月23日, 最終更新: 2008年7月31日

雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る