数字の読み方

日本語の単語は、大きく「やまとことば(和語)」「漢語」「外来語」に分けられる。
漢語にも漢音で読むものと呉音で読むものとがある。
(漢字音には唐音・外来音もあるが、割愛)

我々はこれらを複雑に組み合わせた複合語を無数に作り出している。
その最も顕著な例が、数詞であろう。

一般に「イチ、ニ、サン、シ、ゴ、ロク、シチ、ハチ、ク、ジュウ」というのは呉音である。
呉音は仏典以外ではあまり使われないが、数字ではよく使われる。
それと同時に「よん、なな、キュウ」も一般に使われる。
勿論これには「シ」「ク」が「死」「苦」に通ずるのを避けたり、「シチ」と「イチ」との聞き間違いを防いだりといった意味がある。
(鉄道等では「7時」を「ななじ」と読み、競馬等では「2010円」を「ふたせんとんでとおえん」と読む。)

また、「ゼロ」はフランス語、「マイナス」は英語由来である。
(「ゼロ」は英語をローマ字読みしたものとの説もある)

ここで、数字の読みを確認しよう。

零/0 一/1 二/2 三/3 四/4 五/5 六/6 七/7 八/8 九/9 十/10 百/100 千/1000 万/104 億/108
呉音 リョウ イチ サン ロク シチ ハチ ジュウ ヒャク セン マン オク
漢音 レイ イツ/
イチ
サン リク シツ/
シチ
ハツ キュウ シュウ ハク セン バン オク
和語 - ひと(つ) ふた(つ) み(っつ) よ(っつ) いつ(つ) む(っつ) なな(つ) や(っつ) ここの(つ) とお もも よろず -
(兆以降は漢音が多い)

数学に語学的な見解を持ち込むのには問題があるが、強いて言えば
「マイナスルートななテンゼロキュウニ(-√7.092)」
といった数も一語の名詞(数詞)であり、このような複合語を無数に作ることができるのである。
(尤もこれを言い出すと大抵の数式は品詞分解できないが)

ここまで複雑な数体系を持つのは日本語位だろう。
(朝鮮語も固有語・漢語・外来語を組み合わせるのは同じ)


まだ拡張できる。
標準的な日本語ではないが、下のような表現もある。
 C(ツェー)万円(音楽系の隠語で1万円、ツェーはドイツ語由来)
 10キロ円(技術系の隠語で1万円、キロはギリシア語由来)

随分とグローバルである。

最終更新: 2006年12月17日

雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る