大数・小数

日本語の命数法に於ける大数・小数の呼称をまとめた。

大数については、次の表の通りである。

/
まんおくちょうけいがいし / じょじょうこうかん
1041081012101610201024102810321036

恒河沙阿僧祇那由他不可思議無量大数
せいさいごくごうがしゃあそうぎなゆたふかしぎむりょうたいすう
1040104410481052/10561056/10641060/10721064/10801068/1088
※ 上の表では、基本的に104 (恒河沙以降は108) 毎に切り替わっている。
※ 億以降を全て108毎に切り替える流儀もあるようだ。
  (つまり、100,000,000 = 一万万、1,000,000,000,000 = 一億)
※ 「無量大数」を「無量(1068/1088)」と「大数(1072/1096)」とに分ける流儀もある。

小数については、次の表の通りである。
名称
りんもうこつせんしゃじんあい
10-110-210-310-410-510-610-710-810-910-10
名称模糊逡巡須臾瞬息弾指刹那六徳虚空清浄
びょうばくもこしゅんじゅんしゅゆしゅんそくだんしせつなりっとくきょくうせいじょう
10-1110-1210-1310-1410-1510-1610-1710-1810-1910-2010-21
※ 「虚空」「清浄」を「虚(10-20)」「空(10-21)」「清(10-22)」「浄(10-23)」に分ける流儀もある。
※ 因みに、歩合の割・分・厘…… は「割」を基準にした単位。

気になるのは、六徳である。
これは名前に「六」という漢数字が入っていて紛らわしい。
よく読めば分かるのだろうが、よくもまあ、こんな紛らわしいのがあるものだ。
(実際に日常生活で「六徳」を使うことはないだろうが)


執筆: 2005年2月6日, 最終更新: 2008年3月9日

雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る