「猫踏んじゃった」の弾き方

概要

「猫踏んじゃった」は、単純な動きの繰り返しで簡単に弾くことができます。
右手の運指はたった4通りしかありません。
左手は極端に言えば指1本でも弾くことができます。

細かいのを読みたくない方は、取り敢えず弾き方アニメーションをご覧ください。

基本の4運指

「猫踏んじゃった」の右手の運指は、以下の4通りしかありません。
まずはこの4通りを押さえましょう。

# 運指 備考
中指でレ♯
人差指でド♯
親指でラ♯
小指でファ♯
(同時に弾く)
親指でシ
小指でファ
(同時に弾く)

右手は下図のように構えておくと良いでしょう。
右手をこの位置から動かす必要はありません。これが右手のホームポジションです。

以降、このをどのように弾いていくかを見ていきます。

最初の8小節: 手始めに

最初の4小節は以下の通り。
早い話が、「」がで、「じゃった」がです。
「ひっかいた」まで行ったら親指と小指を動かしてを弾きます。

続く4小節は、上の4小節のうちのに、に入れ替えたものです。

2番目の8小節: 繰り返し

2番目の8小節(第9〜16小節)の右手の動きは、最初の8小節(第1〜8小節)と全く同じです。

3番目の8小節: ニャーゴニャーゴ

次の8小節は以下の通り。
主に歌詞の付いた音符は左手で弾き、右手は伴奏です。
歌詞の無い部分なので少しわかり難いかもしれませんが、動きは非常に単純です。

終わりの8小節: はじめに戻る

最後の8小節(第25〜32小節)は、最初の8小節(第1〜8小節)と同じです。

左手の動かし方

最初の8小節: 手始めに

最初の8小節(第1〜8小節)で左手で弾くキーは以下の3つです。
指1本で順次叩いていけば良いでしょう。

弾き方は以下の通り。「ねこふんじゃった」の「ふん」に相当するところを弾いていきます。
最初の4小節では と下がっていき、続く4小節では と上がっていきます。

2番目の8小節: 手がクロス

2番目の8小節(第9〜16小節)で左手で弾くキーは以下の3つです。
右手で弾く部分よりも右側を弾くので、両手が交叉することになります。

弾き方は以下の通り。弾くキーこそ違いますが、概ね最初の8小節と似ています。
まず と上がっていき、続いて と下がっていきます。

3番目の8小節: ニャーゴニャーゴ

3番目の8小節(第17〜24小節)は少し複雑です。

まず と交互に弾いた後、Ⓐの周りのキーを と弾きます。
ここは2〜3本の指を使った方が弾き易いでしょう。好きな指で弾いてください。

続いて、右に1音ずつずらしてこれと同様に弾きます。

まず と交互に弾いた後、Ⓡの周りのキーを と弾きます。

終わりの8小節: はじめに戻る

最後の8小節(第25〜32小節)は、最初の8小節(第1〜8小節)と同じです。

おまけの2小節

「おまけ」と呼んでいる部分は本当は “Shave and a Haircut, Two Bits”(シェービングとヘアカット 25セント)という別の曲ですが、
「猫踏んじゃった」に続けて演奏されることが多いのでここに併せて書きます。

運指と弾き方は下図の通り。

以下の要領で弾いていきます。

  1. 右手の を弾く
  2. Ⓧの周りのキーを と弾く
  3. 右手の を弾く
  4. 右手の を弾く
  5. を弾く(これは飾りです)

以上です。

公開: 2005年10月2日, 最終更新: 2017年4月2日
「『猫踏んじゃった』の弾き方」トップに戻る
鵺帝国トップに戻る