13日の金曜日

「13日の金曜日」と言えば、欧米の幾つかの国で不吉とされている日である。
忌み数である13と、イエス・キリスト受難の曜日である(とされる)金曜日とが合わさって、不吉と言われるようになったとされる(諸説有り)。

しかし、カレンダーを捲ってみると、毎年必ず13日の金曜日は存在する。
そればかりか、13日の金曜日が1年に2回も3回も有ることも少なくない。
では、13日の金曜日はどれくらいの頻度で生じるのだろうか?

雑学「閏年の基準は初代天皇」でも触れた通り、閏年の置き方は400年周期で循環する。
400年間の日数は146,097日(平年303年×365日, 閏年97年×366日)、すなわち丁度20,871週間であるから、400年毎に曜日も含めて全く同じカレンダーが繰り返されると言える。
(因みにもし丁度7日の倍数でなかったとしたら、400年毎に曜日がズレて2,800年で元に戻るのでどの曜日も同数だけ現れる)

400年間の各月の13日の曜日の出現頻度を調べると、次の表のようになる。

日曜 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜
回数687回685回685回687回684回688回684回

このように、金曜日の回数が最も多い。
すなわち、僅かではあるが「13日の金曜日」は他の「13日の○曜日」よりも出現し易い、ということである。

参考: 13日の曜日の出現頻度を調べるプログラムの例 (Ruby)

require 'date'

# y年m月から始まる400年間(4800ヶ月)の各月13日の曜日の出現回数を調べる
def calc(y, m)
    init = y * 12 + m - 1                                                             # y年m月を整数に変換
    wdays = (init .. init + 4799).map {|m| Date::new(m / 12, m % 12 + 1, 13).wday}    # 400年間の各月13日の曜日を計算

    count = Array.new(7, 0)
    wdays.each {|w| count[w] += 1}    # 各曜日の出現回数を計算
    (0 .. 6).each {|i| printf("%s曜日: %d回\n", ["日", "月", "火", "水", "木", "金", "土"][i], count[i])}
end
執筆: 2012年4月29日
雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る