平成0年問題

前の記事に引き続き、旧暦の話。
今年(執筆時現在)2013(平成25)年前後のグレゴリオ暦と旧暦(天保暦)の対応は、次のようになっている。
2013年前後のグレゴリオ暦と天保暦の比較1
見ての通り、旧暦はグレゴリオ暦と比べて1ヶ月ばかり遅れて年が変わる。

では、24年前の1989年はどうだろうか。
平成改元前後のグレゴリオ暦と天保暦の比較
1989年は、1月8日に昭和から平成への改元が行われた。
昭和64年から平成元年になった訳である。

上図の通り、改元時点で旧暦ではまだ昭和63年であった。
しかし、旧暦で平成元年になるのはその1ヶ月程後のことである。
では、その間の期間(図のの部分)は一体何なのだろうか?

と、短い期間ではあったが旧暦平成0年とでも呼ぶしかないような期間が存在したのである。

勿論、旧暦は1873年に廃止されているので、この期間を旧暦でどう呼ぼうが何の問題も生じない。
だが、歴史上このような不整合が存在したというのは、興味深いものである。