2月30日

2月30日とは言っても、太陰暦の話ではない。
西洋の太陽暦である。
2月30日は、これまでに世界で3回存在した。

スウェーデンで1回

ユリウス暦(旧暦)からグレゴリオ暦(新暦)への変更時期は、国によってまちまちであった。
例えば英国では、旧1582年10月4日の翌日を新15日とした。(他の国も同様の方法)

しかし、スウェーデンは違った。
1700年〜1740年の閏を取り除き、11日の誤差を正そうとしたのである。
(1700年〜1710年に1年に1日ずつ取り除こうとした、という説もある)
まず、1700年は平年となった。
しかし、1704年も、1708年も、普通に閏年にしてしまった。(因みに1702年も1703年も平年)
結局、計画は破綻してしまい、元に戻すために1712年に閏を2日入れることになった。
この結果生じたのが1712年2月30日である。

ソ連で2回

旧ソ連では1930年〜1931年に特殊な暦を採用していた。
これは、毎月の日数を30日とし、余った5日は月に属さないものとして扱うものであった。
(フランス革命暦も似たようなものであったが、通常の西洋暦との差異が大きいのでここでは扱わないものとする)­
よって、この2年間は2月30日が普通に存在した。
しかし、1932年からはグレゴリオ暦に戻してしまった。

もっと細かいことを言うと、1932年からソ連の導入した暦は厳密には「グレゴリオ暦」とは異なる。
これは4年に1度の閏を900年に7回省くものであり(普通は400年に3回)、普通のグレゴリオ暦よりも精度が高い。
(普通の閏年についてはこちらを参照)
このまま行くと、西暦2400年にズレが生じるようである。


執筆: 2005年3月29日, 最終更新: 2008年8月1日

雑学トップに戻る
鵺帝国トップに戻る