ポケモンフォントの使用例

フォントの概要・ダウンロードはこちら

PKMN Regular の使用例

PKMN Regular(ポケモンフォント常用版)は、「取り敢えずポケモンフォントで文章を書いてみたい」という用途に適したフォントです。
濁点・半濁点を含めた高さ16ドット分(字幅の2倍)が1行に収まるようにできています。
(より細かい表現をしたい場合は PKMN Strict をお使いください)

PKMN Regular の行高

例えば、まず次のように入力します。

MS ゴシック
フォントを「PKMN Regular」にして文字サイズを調整すると、次のようになります。(下の画像の文字サイズは 24 pt です)
PKMN Regular

PKMN Strict の使用例

PKMN Strict(ポケモンフォント厳密版)は、「ゲーム画面に出てくる文字や枠線をなるべく再現したい」という用途に適したフォントです。
濁点・半濁点を除いた高さ8ドット分(字幅と同じ)が1行に収まるようにできており、PKMN Regular よりも柔軟な表現ができるようになっています。
(その代わり濁点・半濁点の表現方法には癖があります)

PKMN Strict の行高

例えば、まず次のように入力します。

MS ゴシック
フォントを「PKMN Strict」にして文字サイズを調整すると、次のようになります。(下の画像の文字サイズは 12 pt です)
PKMN Strict

PKMN Western の使用例

PKMN Western(ポケモンフォント欧米版)は、「北米版や欧州版のゲーム画面を再現したい」という用途に適したフォントです。
PKMN Strict をベースに、英数字等の字形を北米版や欧州版のゲーム画面に基づくものに差し替えてあります。

PKMN Western の行高

例えば、まず次のように入力します。

MS ゴシック
フォントを「PKMN Western」にして文字サイズを調整すると、次のようになります。(下の画像の文字サイズは 12 pt です)
PKMN Western

Strict と Western との差異

PKMN Strict と PKMN Western との主な差異は以下の通りです。
収録されている個々の文字については収録文字概要及びポケモンフォントのグリフ一覧 [PDF]を参照。

1. 英字・記号の字形

英字や一部の記号の字形が、PKMN Strict では日本語版に基づくものとなっているのに対し、PKMN Western では北米版や欧州版に基づくものになっています。

英字・記号の字形の違い

2. 数字の上下位置

数字やレベル記号の位置が、PKMN Strict と比べて PKMN Western では1ドット分上方になっています。
(フランス語版・スペイン語版のレベル記号 (:N) は日本語版には現れませんが、数字に合わせた位置に置いています)

数字の上下位置の違い

3. HPゲージの上下位置

HPゲージの位置が、PKMN Strict と比べて PKMN Western では2ドット分上方になっています。
(フランス語版・ドイツ語版・イタリア語版・スペイン語版の HP 記号レベル記号 (PV, KP, PS) は日本語版には現れませんが、ゲージに合わせた位置に置いています)

HPゲージの上下位置の違い