エセー

初期は厨学生の戯言。最近はサラリーマンの気晴らし。
まるで成長の見られない管理人の書き殴ってきた何か。
「エセー」と言うより「似非」かもしれない。